携帯買取専門サイト

 キャリア別買取価格 

携帯空間へようこそ!強化買取


営業時間の短縮及び定休日の変更のお知らせ
新型コロナウイルスの対策の一環として、営業時間の短縮(定休日の変更)致します。
営業時間:月 火 木 金 土 11:00~18:00
定休日: 水 日


新型コロナウイルス感染症第二波に備えた現金書留を中止のお知らせ


弊社では、緊急事態事態宣言解除後も、新型コロナウイルス感染症第二波に備え、
現金書留を中止しますことをご案内いたします。
お客様には、ご不便をお掛けいたしますが、
ご理解、ご了承のほど、お願い申し上げます。

期間:
2020年7月10日(土)以後

今後感染症の発症状況によっては、再開の見直しを行う可能性がございます。
最新の情報につきましては、随時ホームページにてお知らせいたします。


※"三密"を避けるの工夫。ご来店する際のお願い(注意点)

①マスクを着用ご入店。(マスク無しのご来店は固く断りますので、予めご了承ください。 )
②本体を充電してからのご来店。(バッテリーの残量が20%以下の場合は対応できかねます。)


更新日 : 2020 年 9 月 19 日

※ネット判定▲減額(一部機種除く)
※simロック解除無し ▲判定の機種も買取強化します!お問い合わせください
強化買取 説明 買取価格

iPad  2019版 10.2インチ

128Gb

台数限定・予約必須

※未開封・未アクティベーション

白 ¥43500
他色 -2000
iphone SE 2世代 台数限定・予約必須
simロック解除済 ・未開封品
64GB ¥42000
128Gb ¥48000
906sh   AQUOS ZERO 2 台数限定・予約必須
simロック解除済
¥30500

Google Nest Hub

GA00515-JP

台数限定・予約必須 ¥7000
未開封品

Galaxy  A7 

 SM-A750C
台数限定・予約必須 ¥13000

SHV48  

AQUOS  sense3 basic

台数限定・予約必須
simロック解除済
¥13000

SHV45 

AQUOS  sense3

台数限定・予約必須
simロック解除済
¥21000
Rakuten Mini 台数限定・予約必須 ¥7000

huawei p30 pro

hw-02l

台数限定・予約必須
simロック解除済 

¥52500

 黒 -7000

SH-02M

AQUOS  sense3

台数限定・予約必須
simロック解除済 

¥24000
 黒-1000

Galaxy  A20

SC-02M

台数限定・予約必須
simロック解除済 

 ¥11000 

-500
Xperia 8  SOV42 台数限定・予約必須
simロック解除済   UQ版・減額

¥24500
白-500

Xperia 1  SOV40 台数限定・予約必須
simロック解除済 
¥44000
AQUOS sense3 plus
SHV46

台数限定 ・予約必須 

simロック解除 

ワイヤレスイヤホン 欠品・減額

¥29000

Xperia Ace J3173

台数限定・予約必須
楽天版・同額
¥26000
arrows RX 台数限定・予約必須 ¥15500
oppo AX7
※未開封品のみ 開封減額

 国内正規品 

Line版・減額

¥16000

google pixel 4a  128GB 台数限定・予約必須 
simロック解除済
¥36000
google pixel 4  台数限定・予約必須 
simロック解除済

64GB  ¥65500

128GB   ¥69500

google pixel 4  xl 台数限定・予約必須 
simロック解除済

64GB  ¥69500

128GB   ¥73500





携帯買取と下取りについて

携帯やスマートフォンの機種変更などの際に、買取に出すか下取りに出すか迷ったことはありませんか?手元に残しておくという手も無きにしもあらずではありますが、本来、どうすればもっともお得なのでしょうか。もちろん、携帯買取や下取りにはそれぞれメリットがあります。この記事では、携帯買取と下取りがどんなサービスで何が違うのか、また、それぞれのメリットなどについて詳しくご紹介していきます。

携帯買取と下取りの違い

携帯買取と下取り。今ひとつ違いがよくわからないこれらのサービス。もちろんこれらは別のサービスであり、サービス内容にも大きな違いがあります。

携帯買取の場合は、その物をチェックして価格を決定します。キズ、正常に動作しない、一部の付属品が欠品している、などにより買取価格は異なります。一方、下取りの場合は、電源が入らない、水没した、などの問題がない限り、価格にあまり差はありません。

携帯買取では、査定額がそのまま現金で受け取れますが、下取りの場合は新しい端末の価格に充当される形になるので、現金は受け取れません。買取はリサイクルショップなどでのみ行われていますが、下取りは通常、携帯キャリアやApple Storeなどでのみ行われています。

携帯買取と下取り・それぞれのメリットとデメリット

携帯買取と下取りには、ご紹介したような違いがあるのですが、どちらがいい悪いではなく、メリットとデメリットを考えることが大切です。

携帯買取のメリット・デメリット

携帯買取のメリットはいくつかあります。
まずはその場で現金化できること。どうしても今すぐお金が必要だという場合には、買取はとても便利です。
また、携帯買取は通常、かかっても30分程度ですべてのプロセスが終わりますので、ある程度の規模の街にお住まいなら、比較的かんたんに買取査定してもらえます。もちろん、自分で出かけなくても宅配便や郵便を利用してアイテムをやり取りする買取方法を行っている業者もあるので、これを利用すれば、家から出ることなく査定→現金化することも可能です。
携帯買取のデメリットを挙げるとすれば、買取店が多いことと、それぞれの買取店で買取価格に違いがある点でしょう。また、携帯やスマホの状態、付属品の有無によっては、査定額が大きく下がることや、査定のために初期化やSIMカードの手続きを行う必要もあります。

下取りのメリットとデメリット

下取りは、携帯を買い替えることが条件となります。キャリアやApple Storeなどで、新しい携帯に買い替える際に下取りに出すと、新品の購入価格に反映され、安く購入できます。
メリットはいくつかありますが、まずはクーポンやポイントなどがあるため、それらを買い替え時だけではなく、その後の電話代にも充てられることが挙げられます。また、同一のキャリアであれば、たとえ下取りに出す機種の支払いがまだ済んでいなくても、機種変更が可能です。もちろん、その支払いは新しい機種の支払いに回ってきますが、割引で新しい携帯が買えることはメリットだといっていいでしょう。
下取りの場合、買取査定よりも厳しくチェックされないこともメリットだといえます。同じキャリアなら、手続きもひじょうに楽です。
下取りのデメリットとしてもっとも大きいのは、現金化はできないということ。現金が必要な場合、下取りはオプションとして考えることができません。また、ポイントには期限があることにも注意が必要です。さらに今後キャリアを変えようと思っても、契約により縛りがあるため、どうしても変えるのであれば違約金を支払う必要があることにも注意しましょう。

携帯買取のバリエーション

通常、携帯買取を依頼する際は、ウェブサイトなどで予約してから携帯を持参します。飛び込みでも査定してくれるショップもありますが、待たされる可能性があるので覚えておきましょう。持ち込みの買取の場合は、店舗にて実機を査定してもらい、見積書を確認、納得できたらサインします。通常は現金払いです。

ほかに宅配便や郵便を利用して、査定対象の携帯をやり取りする宅配買取や郵便買取という方法もあります。最近は宅配買取のサービスを行うショップも増えてきましたが、同じ機種でもショップにより買取価格に差があるため、事前の下調べが欠かせません。

携帯下取りのバリエーション

携帯の下取りには、買取とは異なり、多くのバリエーションはありません。下取りは、基本的にキャリアのショップや家電量販店などで申し込むことができます。ドコモやソフトバンク、auといった三大キャリアのショップに、買取と同じように携帯を持ち込み、査定額をポイントや割引として充当します。

すでにご紹介しているとおり、査定の基準自体が買取よりも緩く設定されているので、よほど大きな問題がない限り、査定額は一定です。キャリアにより査定基準は異なります。なお、下取りには、自分で携帯を持ち込む、もしくはキャリアのウェブサイトから申し込みをしたうえで、郵送にて持ち込む方法があります。

携帯買取と下取り・どちらか選ぶ際のポイント

携帯買取と下取り、どちらにもメリットとデメリットがあります。人により携帯の状態や利用状況は異なるので、それらに合わせて、よりメリットの大きいほうを選ぶことがおすすめです。

すぐに現金化したい場合は、買取の一択です。下取りで現金化することは不可能だからです。また、高額で売却できる機種をお持ちの場合も、買取は査定額が高めなのでおすすめです。キャリアにこだわりがないという方、機種を変更するに当たり、特に割り引きサービスなどの必要性を感じていないという方も、買取のほうがお得な場合が多くなるでしょう。

逆に下取りを選んだほうがよい場合もあります。新機種を購入し、今後も継続して同じキャリアを使用するのであれば、下取りが適しています。査定基準が買取よりも緩いので、大きなキズや不具合でもない限り、一定の基準に基づいて査定してくれます。すべての手続きをキャリアが行うので、自分でいろいろやるのが面倒だという人も下取りが向いています。

基本的に、携帯買取でも下取りでも、お金やポイントに交換することができますが、手続きの手間や今後の携帯の利用法を考えて、どちらがより自分に向くのかを考えて選ぶことが大切です。

携帯を買取や下取りに出す際に注意すべきこと

携帯を買取や下取りに出す際は、いくつか注意すべきことがあります。携帯やスマホには、大切なデータが入っています。そのため、売却する前に、これらを初期化するなどの作業を行いましょう。

データの初期化

スマホを買取や下取りに出す場合、データを初期化しておきましょう。必要なデータはかならずバックアップしてください。データは通常、初期化しなくてもショップでやってくれるのですが、自分でできるのであれば、そのほうが安心です。
iOSの場合は、「設定」から「一般」へと進み「リセット」を選択します。「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップすると初期化されます。
Androidの場合は、機種により手順が少し異なりますが、通常はデータを暗号化したうえで、初期化の作業を行います。データの暗号化の作業は、1時間以上かかることもあるので注意が必要です。これが終わったら「バックアップとリセット」をタップし、「工場出荷状態に初期化」を選びます。

カード類は忘れずに抜く

携帯やスマホにはSIMカードが入っていますが、これはかならず抜いておきましょう。また、SDカードスロットがある機種の場合もかならず中にカードが入っていないか確認しておきましょう。

充電しておく

買取査定の際は、携帯の動作を確認するため、バッテリーが空になっていると査定できません。最低でも10分程度は携帯が動作するよう、査定前に充電しておく必要があります。

パスコードロックは解除しておく

自分でショップに持ち込むのであれば問題ありませんが、宅配買取の場合は、ロックされていると査定できないので、事前にかならず解除しておきましょう。

買取は本人でないとできません

携帯買取には、本人確認書類が必要です。ショップ側でもトラブルを防ぐため、この本人確認書類と、本人による売却でなければ買取は行っていないので注意しましょう。たとえ同居しているご家族であったとしても、本人以外での携帯売却は不可能です。
インターネット経由で査定を依頼する場合でも、免許証や健康保険証といった本人確認書類は、アップロードするか、メールに添付して送信しなければなりません。

「探す」機能はOFF

iOSにもAndroidにも、「探す」機能が搭載されていますが、この機能は査定に出す前にOFFにしておきましょう。iOSの場合は、「設定」から「iCloud」をタップし、「iPhoneを探す」をOFFにします。

改造した製品は買取不可

不正に改造した製品、純正部品以外が組み込まれた製品は、査定に出してもショップ側で買取を拒否されますので注意が必要です。「脱獄」したiPhoneはもちろん、剥がせないようなデコレーションが施されたスマホなども買取店では査定を受け付けていません。ただし、脱獄であれば初期化用のアプリがあるので、これで対応できる可能性があります。

支払いが終わっているかかならず確認

同一キャリアでの下取りの場合は問題ありませんが、買取となると、売却しようとしている携帯やスマホの支払いが終わっていないと売却は不可能です。契約により、月々の支払いにより端末も購入している場合は、支払いが終わっているかかならず確認しましょう。これはキャリアのショップ、もしくはマイページなどから確認できます。

携帯を少しでも高く売るためにできること

携帯やスマホは、少しでも高く買い取ってもらいたいもの。そのためにできることはあります。いつも大事に使っているつもりでも、案外、小キズがついていたり汚れていたりするので、査定に出す前にかならずチェックしましょう。

掃除する

携帯やスマホは、査定前にかならずきれいにしておきましょう。機能的には完璧でも、見た目がよくないと査定を担当するスタッフの印象も悪くなるというもの。端末全体をきれいに清掃するとともに、レンズや各ボタン、端子部分などもチェックしておきましょう。細かい部分のホコリを取り除くには、エアダスターも効果的です。

付属品をそろえておく

中古品を売却する際は、購入当時の状態にできるだけ近づけることが大切です。見た目とともに、購入したときに付属してきたパーツやアクセサリーなどは、かならず売却時にも用意します。たとえば化粧箱や説明書、イヤホン、アダプター、SIMカード脱着用のピンなどです。一部でも欠けていると、大幅に査定額が低くなることもあるので、捨てずにとっておきましょう。

携帯買取業者を選ぶ際の注意点

携帯買取では、何よりも大切なのが査定を依頼するショップ選びです。現在、数多くの買取店がありますが、中には問題のある業者も存在します。携帯買取業者を選ぶ際に参考になるアイデアをご紹介します。

悪徳業者でないか確認するには

悪徳業者かどうか確認するのに手っ取り早いのは、その業者が許可を受けて営業しているかをチェックする方法です。スマホや携帯電話を中古として売買するには「古物商許可」を受ける必要があります。これは国内で中古品を取引する場合は必須の許可です。ウェブサイトをチェックしてみて、この古物商許可番号を掲載していない業者は、違法に営業している可能性があるので注意が必要です。古物商許可番号は、データベースでも確認できるので、掲載されている場合もこのデータベースでチェックしておくといいでしょう。

手数料無料は優良業者?

持ち込みの場合はともかく、郵送や宅配買取でも手数料が発生する業者は避けたほうが無難です。宅配買取や郵送買取でも、成約に至らなかった場合の返送は、手数料無料で行うのが普通です。査定額が高額でも、結局は手数料でずいぶん減額されてしまうということも考えられます。

まとめ

携帯買取と下取りについて、その違いやそれぞれのメリット、デメリット、買取時のコツなどについてご紹介しました。携帯やスマホも、基本的にはほかの中古品と同じく、購入時の状態にできるだけ近づけることが高額査定ゲットに役立ちます。「携帯空間」は、店舗買取と郵送買取の両方に対応しています。さまざまな機種を高価買取中です。